ネット評判記



ドッグイヤー、マウスイヤーと呼ばれるようにインターネットの世界では様々な寿命が短命化しています。
激変するネット世界では、他者よりも早く情報を入手し、
他者よりも素早く行動し、競合に対して常に相対的優位に立つことが、
ネット時代の企業の戦略原則であると同時に個人の行動原理でもあります。
「ネット評判記」は、鮮度のあるテーマを設定し、週間で、ネットユーザーの意見、評価、支配的な見方を素早く提供します。

リンクをクリックしますと、リード文が表示されます。
本文をご覧になるときは、月額500円+税 の基本料金が必要となります。
弊社サービストップページの「登録設定」からお申し込み下さい。

[ 最新号 ]


No.99 衆院選特集 民主崩壊?! 維新の会は伸びるか?

(2012.12.11)

[ バックナンバー]
No.98  キリン メッツ コーラのヒットは「本物」か (2012.06)
No.97  崖っぷちの野田民主党政権。 大阪維新の会、大躍進の兆し(2012年3月版) (2012.03)
No.96  「改正薬事法」施行と医薬品の購入 改正薬事法後もドラッグ優位は続くのか (2009.10)
No.95  「新型インフルエンザ」パンデミック宣言 インフルエンザで進む巣ごもり型消費 (2009.06)
No.94  ボトルネックは機能か価格か? 踊り場迎えた「iPhone 3G」 (2008.09)
No.93  次世代ゲーム機商戦 発売直前!値下げPS3は任天堂の快進撃をとめられるか? (2006.11)
No.92  携帯電話の番号ポータビリティ制度 auリードの情勢も、鍵を握るのは様子見「浮動層」のゆくえ (2006.10)
No.91  コーラ飲料 日本オリジナル商品「ペプシネックス」の実力は? (2006.07)
No.90  次世代ゲーム機商戦 PS3が一歩リードも価格発表でヒートダウン (2006.06)
No.89  真っ向勝負!! TSUBAKI VS. アジエンス − 「日本女性」は「アジアンビューティ」を超えるか? (2006.06)
No.88  ビール系飲料
1.発泡酒・第三のビールの新商品対決
2.ビール系飲料市場の顧客動向
(2006.04)
No.87  分断される小泉政権の支持基盤、期待される政界再編、みえない政権交代 (2005.08)
No.86  第三のビールをめぐる酒類間競争のゆくえ (2005.05)
No.85  激戦! 家電量販店PartII ヤマダ電機VS.ヨドバシカメラ (2005.05)
No.84  激戦! 家電量販店の顧客満足度 (2005.05)
No.83  iPod主役の座を奪うものは (2005.04)
No.82  本格化するストック型視聴 − テレビの見方がかわる (2005.04)
No.81  年末年始の消費を読む! −ボーナスのインパクト (2005.01)
No.80  日本家庭の掃除事情 (2005.01)
No.79  家族や恋人とお家で過ごすクリスマス (2005.01)
No.78  日本先行発売コカ・コーラC2の快進撃はいつまで続くか (2004.07)
No.77  本生オフタイム−「苦み少ない」で女性ユーザー獲得へ (2004.06)
No.76  価格の多様化−「アジエンス」印象的なTVCMで若い女性に浸透 (2004.05)
No.75  ファミリーレストラン
1.使い分け進むファミリーレストラン −味のサンマルク、価格のガスト
2.「食の安全性」は来店の決め手になるか? −情報がつくる店舗への信頼感
(2004.05)
No.74  カップめん
1.ユーザー広がる日本の国民食−女性の食機会増加
2.ロイヤリティ第1位は日清具多[GooTa]−若い層からの支持
(2004.04)
No.73  BSEのインパクト − 変わるか?牛丼チェーンの勢力図 (2004.03)
No.72  自衛隊イラク派遣 − イラク対応で揺らぐ小泉支持率 (2004.03)
No.71  入浴剤 − 効能のバスクリン vs. 香りのバブ (2004.02)
No.70  携帯電話
1.携帯電話の利用実態とキャリアの評価 −キャリア満足度の高いのはauユーザー
2.携帯を選ぶポイントとナンバーポータビリティ −au伸長の理由は料金・通話品質・新機能
(2004.02)
No.69  消費は回復するか!?−冬のボーナスの使い道 (2004.01)
No.68  現代人の憧れは「野心家」より「マイペース型」。「白い巨塔」に「信念」のあり方を見る (2003.12)
No.67  環境にやさしいクルマ−ハイブリッド車は普及するのか? (2003.12)
No.66  多様な集客施設の魅力、丸ビルに差をつける六本木ヒルズ (2003.11)
No.65  総選挙を占なう!
1.小泉政権の支持率
2.マニフェスト選挙のゆくえ
(2003.11)
No.64  低アルコール市場−アサヒとキリンの戦い、勝利のカギを握るのは定番か健康志向ブランドか (2003.10)
No.63  価格競争からの脱却
1.価格に翻弄されるマクドナルド
2.モスバーガーの高価格戦略 −高級バーガー「匠味」の市場導入
(2003.10)
No.62  消費者は怒っている!
◆結果の読み方 消費者の怒りはビジネスチャンス−マーケティングの理念と現実
1.応対接客サービスでの不愉快体験は70%−消費者の接客不満
2.やる気のない店員を許せますか?−買い物場面での不満
3.一度の不愉快体験が命取り−飲食店での不満
4.役所・銀行は不愉快体験の宝庫−手続き場面での不満
(2003.07 - 2003.08)
No.61  アネッサ強し!2003年夏の日焼け止め (2003.07)
No.60  ベッカム大好き! (2003.07)
No.59  新しい大人の街を目指す六本木ヒルズ (2003.06)
No.58  健康志向を巡る伊藤園とカルピスのお茶市場の競争 (2003.05)
No.57  機能性ヨーグルト、プロバイオティクスで腸内も市場も活性化!? (2003.05)
No.56  ビール・発泡酒・チューハイ −低アルコール市場を巡るアサヒとキリンの熾烈な戦い (2003.04)
No.55  デフレ下のコンビニ高価格おにぎりは成功するか? (2003.04)
No.54  イラクが握る小泉政権支持率の鍵 (2003.03)
No.53  変わる銀行へのアクセス、変わらない銀行への不満 (2003.02)
No.52  都内で一番ホットなスポット−丸ビル人気の今後を占う (2003.01)
No.51  ネットユーザーは「不良債権問題」をどうみているか (2002.12)
No.50  キユーピー vs. 花王「健康エコナ」のマヨネーズの戦い (2002.11)
No.49  強まる食品不信−厳しさを増す消費者の目 (2002.10)
No.48  緊急調査第2弾!訪朝は小泉内閣の支持率を回復させたか? (2002.09)
No.47  ファイナルファンタジーXI はオンラインゲーム市場を拡大するか? (2002.09)
No.46  マクドナルドの値下げ効果を読む (2002.09)
No.45  第4回小泉政権調査−政権支持率は低下の一途 (2002.08)
No.44  テレビ需要のシフト−ブラウン管型からフラット型へ転換 (2002.07)
No.43  消費を牽引するメトロポリタンライフスタイル(都心職住近接層) (2002.07)
No.42  ブロードバンド革命 −無線LANへの高い期待 (2002.06)
No.41  ブロードバンド時代の注目アクセス「ホットスポット」−認知率はすでに52% (2002.06)
No.40  家電戦争−日本メーカーvs.中国メーカー (2002.06)
No.39  激化するお茶戦争 −今年の主役は中国緑茶 (2002.05)
No.38  発泡酒 新旧ブランドの戦い−勝者は? (2002.05)
No.37  ジャパントレンド−強まる国産志向 (2002.04)
No.36  ペイオフ解禁−銀行預金はどう動くか? (2002.03)
No.35  第4回小泉政権調査 小泉政権の支持率急低下〜原因は改革不信にあり (2002.02)
No.34  第3回小泉政権調査 〜さらに冷え込む消費意欲 (2002.01)
No.33  スターバックスの躍進、追撃されるドトール 〜小商圏をめぐるコーヒーチェーン店競争 (2001.12)
No.32  知的なイメージ 〜上位を独占するニュースキャスター (2001.11)
No.31  映画「ファイナルファンタジー」と「千と千尋の神隠し」の明暗 〜マーケティングの巧拙〜 (2001.10)
No.30  不況に強いブランド〜価格の魅力とステータス (2001.10)
No.29  これからブームになるものは? (2001.09)
No.28  夏のヒット商品〜秋・冬の継続利用 (2001.09)
No.27  第2回小泉政権調査(後半)〜独身層に見られる消費の延期化 (2001.09)
No.26  第2回小泉政権調査(前半)〜やむにやまれぬ小泉支持 (2001.08)
No.25  値上げを許容するブランドロイヤリティーを作るヒント(後半)〜3割高くなっても買う理由〜 (2001.08)
No.24  値上げを許容するブランドロイヤリティーを作るヒント(前半)〜3割高くなっても買う理由〜 (2001.08)
No.23  デフレ下のヒット商品 〜ユニクロ〜 (2001.07)
No.22  もう限界?ユニクロブームの沈静化 (2001.07)
No.21  ブランド化するストリート〜細分化された街のイメージ (2001.06)
No.20  『家電リサイクル法』のインパクト−低迷する家電販売のカンフル剤に (2001.05)
No.19  小泉政権の経済政策評価〜「構造改革あれど消費回復なし」 (2001.05)
  「第1回小泉政権調査」結果の解説
No.18  無糖茶バトル〜新旧銘柄生き残りをかけた戦い (2001.04)
No.17  『アサヒ・本生』のインパクト−発泡酒市場競争を激化させる赤い旋風 (2001.04)
No.16  キムタクは消費回復の「HERO」となったか?〜人気テレビドラマの誘惑(1) (2001.03)
No.15  あなたはステータスをいくらで買いますか?! インポートブランドの購入調査より (2001.2)
No.14  好調ユニクロの意外な落とし穴−トレンドリーダーのユニクロ離れ (2001.1)
No.13  最終回スペシャル「愛かお金か!『やまとなでしこ』的幸せの掴み方教えます」 (2000.12)
No.12  【世紀のON対決−どちらが勝つか?】4回シリーズ
(1)加熱するON決戦のネットユーザーの関心度は?
(2)勝敗予想!どちらが勝つか?
(3)ON対決の経済効果は?
(4)ネットユーザーも巨人がお好き
(2000.10)
No.11  シドニーオリンピック−−インターネット時代のオリンピック視聴 (2000.9)
No.10  食品トラブル−−より厳しくなる消費者の目 (2000.9)
No.9  会社・学校でのインターネット利用の実態は? (2000.8)
No.8  インターネットショッピングで買われているものは何か? (2000.8)
No.7  インターネットショッピングに満足しているのか? (2000.7)
No.6  収入格差は拡大するか? (2000.6)
No.5  消費意欲は回復するか? (2000.6)
No.4  コンビニ決済は本当に利用されるか? (2000.5)
No.3  デジタルテレビは買いか? (2000.4)
No.2  椎名林檎と宇多田ヒカルはどちらが大物か (2000.4)
No.1  予測−インターネット制覇端末は何か (2000.4)
ページトップへ


  Copyright (C) 2000-2014 JMR Lifestyle Research Institute. All rights reserved.

JMR生活総合研究所サービストップへ