週刊ビジネスガイド
(2003年)


企業の動向、景気の変動、ホットな情報を独自の視点で毎週おとどけしています。

[他の年へ >> 2014年  2013年  2012年  2011年  2010年  2009年  2008年  2007年   
2006年  2005年  2004年  2003年  2002年  2001年  2000年 ]
2003年
2003年12月25日号
  1. 松下電器、松下電工を子会社化
  2. トヨタ自動車、世界販売700万台超へ
  3. 月例経済報告−景気は「持ち直し」で据え置き
  4. 百貨店、チェーンストア売上高、ふたたびマイナス
2003年12月18日号
  1. ウォルマート、来春スーパーセンター1号店を出店
  2. トヨタ自動車、国内2%増計画を発表
  3. マツモトキヨシ、食品・雑誌販売と深夜営業開始へ
2003年12月11日号
  1. 自動車業界、メーカー系列を超えたディーラー再編へ
  2. 丸ビル、2007年ツインタワーに
  3. 景気動向指数、一致指数6ヶ月で連続50%超える
2003年12月4日号
  1. キヤノン、薄型テレビ参入
  2. 世界初、銀行システムでウィンドウズ採用
  3. イオン、マイカル効果で収益急拡大
  4. 2003年のヒット商品
  5. 勤労者世帯の消費支出、前年比1.1%減
2003年11月27日号
  1. 大手銀行、りそな除き大幅増益
  2. 地上波デジタル放送、CATV放映に同意
  3. 月例経済報告、「景気持ち直し」宣言
  4. 百貨店、チェーンストア売上高、ともにプラス
2003年11月20日号
  1. 日本テレコム、携帯電話事業に経営資源を集中
  2. 発泡酒、Wショックで初の前年割れへ
  3. 任天堂、上場来初の最終赤字
2003年11月13日号
  1. NTT、税引き前利益が国内最高に
  2. 松下・東芝、ブラウン管国内生産撤退
  3. IYバンク、新規参入銀行初の黒字
  4. 景気動向指数、基調判断「改善」へ
2003年11月6日号
  1. トヨタ、純利益1兆円規模に
  2. NTTドコモとKDDI、中間期決算で明暗
  3. 食品スーパー、成長に減速感
  4. 勤労者世帯の消費支出、前年比1.9%減
2003年10月30日号
  1. ソニー、事業構造改革を発表
  2. 東京電力、電話事業でフュージョンと統合
  3. 六本木ヒルズ、オープン半年で来客2,600万人
  4. 百貨店、チェーンストア売上高、マイナス幅拡大
2003年10月24日
      特別号
  カネボウ、花王と化粧品事業統合
    −カネボウの多角化「ペンタゴン経営」の失敗、遅すぎた清算の顛末
2003年10月23日号
  1. ソニー、テレビ事業再構築に向けてサムスンと液晶パネル生産合弁
  2. 日産自動車、米欧好調で最高益
  3. ダイエー、総合スーパー部門の目標下回る
  4. ユニクロ、業績回復基調に
2003年10月16日号
  1. マイクロソフト、ネット家電と携帯の覇権奪取に動く
  2. 冷夏、小売業を直撃し、業績格差浮き彫りに
  3. 月例経済報告、基調判断据え置き
2003年10月9日号
  1. 日本車トップスリーの米市場新車販売、過去最高の400万台
  2. トヨタとホンダ、ハイブリッド大型車で主導権争い
  3. デジタル家電、端末1台で操作可能に
  4. 景気動向指数、一致指数4ヶ月連続で50%を超える
2003年10月2日号
  1. トヨタ「レクサス」、海外生産始まる
  2. 米マイクロソフト、トロンと連合
  3. マイカル、イオン主導で出店再開へ
  4. 勤労者世帯の消費支出、前年比2%増
2003年9月25日号
  1. 日本マクドナルド、リストラに着手
  2. NTTグループ、リナックスを採用
  3. コカ・コーラグループ、生産計画を一元管理
  4. 百貨店、チェーンストア売上高、マイナス幅縮小
2003年9月18日号
  1. 東芝、パソコン事業の再構築へ
  2. 米高級百貨店サックス、日本進出へ
  3. 東京都心ビル、空室率が再び悪化
  4. 月例経済報告、2ヶ月連続上方修正
2003年9月11日号
  1. 丸ビル、開業1周年
  2. ユニクロ、米セオリーの経営権取得へ
  3. サッポロビール、北米向けビールを全量現地生産
  4. 景気動向指数、一致指数3ヶ月連続で50%を超える
2003年9月4日号
  1. トヨタ、ハイブリッド車「プリウス」新型車を発売
  2. ユニクロ、8月既存店売上高が23ヶ月ぶりに増加
  3. セブン-イレブン、1万店突破
  4. 勤労者世帯の消費支出、9ヶ月ぶりに対前年プラス
2003年8月28日号
  1. 松下、ソニー、薄型テレビに注力
  2. イトーヨーカ堂、冷夏で中間決算41%減益
  3. セブン-イレブン、ポイントカード導入
  4. 百貨店、チェーンストア売上高、マイナス幅拡大
2003年8月21日号
  1. トヨタ、車載端末向け情報サービスで提携拡大へ
  2. トヨタ、ソニー出資のデータ通信専業会社CWC、会社更生法適用申請
  3. UFJ、ATM24時間稼働へ
  4. イオン、冷夏響き中間決算大幅減益
2003年8月14日号
  1. 東京都心ビル、空室率が1年10ヶ月ぶりに低下
  2. マクドナルド、2003年6月中間連結決算で経常赤字に
  3. スーパーなど大型店新設、2003年度下期は4割増の400店
  4. 景気動向指数、一致指数2ヶ月連続で50%を超える
2003年8月7日号
  1. トヨタ、北米不振で営業減益
  2. NTT東西、企業向けIP電話参入へ
  3. 西友、8月中間期100億円の赤字見通し
  4. 月例経済報告、基調判断5ヶ月ぶり上方修正
2003年7月31日号
  1. 家電メーカーの4−6月期の四半期実績、明暗分かれる
  2. 国内PC大手4社、ノート型出荷台数2桁増
  3. トヨタ、ホンダ、4−6月期2桁減益
  4. 勤労者世帯の消費支出、9ヶ月ぶりに対前年プラス
2003年7月24日号
  1. トヨタ、世界生産600万台へ上方修正
  2. イオン、スーパーに無人レジ導入へ
  3. モスバーガー、580円の高額ハンバーガー発売
  4. 百貨店、チェーンストア売上高、マイナス幅縮小
2003年7月17日号
  1. ホンダ、中国で2社目の合弁へ
  2. ビール・発泡酒、半期で最大の落ち込み
  3. 都心物件が牽引し、新築マンション5年半ぶりに価格上昇
  4. 月例経済報告、基調判断据え置き
2003年7月15日
      特別号
  インターネットキャンペーンにみる新たな販促の可能性
    −「あやトラ」「なな庫」「生茶パンダ」...キリンビバレッジの展開事例より
2003年7月10日号
  1. 政府、リナックス採用の新システム
  2. パソコン販売額、29ヶ月ぶりに増加
  3. ロッテ、機能性ガム広告でグリコを提訴
  4. 景気動向指数、一致指数2ヶ月ぶりに50%を超える
2003年7月3日号
  1. 新車販売が2期連続増加、ホンダが苦戦
  2. ブロードバンドが1,000万件突破
  3. サッポロビールが持株会社制に移行
  4. 勤労者世帯の消費支出、8ヶ月連続で対前年マイナス
2003年6月26日号
  1. 世界17企業、デジタル家電接続規格標準化へ
  2. 日産、スズキと車載端末分野で提携
  3. 米保険大手AIG、GEエジソン生命買収
  4. 百貨店、チェーンストア売上高、マイナス続く
2003年6月19日号
  1. トヨタ、ロシアで販売強化へ
  2. ADSL2社、最大速度2倍のサービス開始へ
  3. カゴメ、野菜飲料で米国市場進出
  4. 生協、個人宅配好調で4年ぶり増収増益
  5. 月例経済報告、基調判断5ヶ月ぶり下方修正
2003年6月12日号
  1. トヨタ、カンバン方式を世界で一元管理
  2. ソニー、高品質追求の新ブランド発表
  3. マクドナルド、低価格路線修正へ
  4. 英大手流通テスコ、日本進出へ
  5. 景気動向指数、一致指数16.7%の低水準
2003年6月11日
      特別号
  究極のワンストップタウン 六本木ヒルズの光と陰 
    −六本木ヒルズは、金のなる木か?不良債権か?
2003年6月5日号
  1. 日産自動車、フォードに先端技術供給
  2. 光ファイバーより5倍速い無線LANの開発着手
  3. 発泡酒増税1ヶ月、5月販売は大幅減少
  4. 勤労者世帯の消費支出、7ヶ月連続で対前年マイナス
2003年5月29日号
  1. ソニー、エレクトロニクス事業強化の経営方針発表
  2. NEC、中国企業と次世代ネットをアジアで展開
  3. 東京都、新銀行を来年度にも設立
  4. 百貨店、チェーンストア売上高、2ヶ月連続でマイナス幅拡大
2003年5月22日号
  1. りそなグループ、実質国有化に
  2. 明治乳業と森永乳業、ヨーグルト効果で利益増
  3. デジタルカメラ参入企業、全社「勝ち組」
  4. アメリカの破産流通企業、険しい再建への道のり
  5. 月例経済報告、判断据え置きながら強まる不透明感
2003年5月15日号
  1. NTT、初の減収。来期は減収減益見通し
  2. 株式会社の農業参入、全国解禁へ
  3. ウォルマートとカルフール、世界で出店攻勢も日本進出は慎重
  4. 西武・そごうが統合 「ミレニアムリテイリング」誕生
  5. 景気動向指数、先行指数1年4ヶ月ぶり低水準
2003年5月8日号
  1. 次世代インターネットの接続ソフトを日米で開発
  2. 新車販売、8ヶ月ぶりに減少。ホンダが失速
  3. スーパーの深夜営業拡大
  4. ビジネスホテル、東京都心部への進出加速
  5. 勤労者世帯の収入、支出、マイナス幅拡大
2003年5月1日号
  1. 六本木ヒルズ、出足好調!
  2. ソニー、純利益V字回復も来期は減益見通し
  3. イオン、発泡酒の価格据え置き
  4. 百貨店、チェーンストア売上高、再びマイナス幅拡大
2003年4月25日号
  1. トヨタ自動車と日産自動車、経常利益過去最高
  2. ダイムラー、ベンツを中国で別合弁生産へ
  3. NTT、2005年度までの3ヵ年計画を発表
  4. ダイエー、再生3ヵ年計画は早くも前途多難
  5. 食品スーパー主要5社、食の安全性強化で経常増益
2003年4月17日号
  1. GMグループの富士重工業とサーブが提携
  2. 東京ディズニーランドが開業20年周年。持続成長を目指す
  3. 高価格おにぎり効果でコンビニエンスストア、4社が連結経常増益
  4. 日本マクドナルドが品質重視に路線転換
  5. 月例経済報告、基調判断据え置き
2003年4月10日号
  1. 大手電機メーカーの最終赤字相次ぐ
  2. トヨタ自動車、「クラウン」を中国で共同生産
  3. イオン、食品スーパー年100店出店へ
  4. イトーヨーカ堂、自主企画商品シリーズを拡充
  5. 一致指数、2ヶ月連続で50%上回る
2003年4月3日号
  1. 三井化学・住友化学、経営統合白紙撤回
  2. 富士通、米AMDとフラッシュメモリ事業統合
  3. am/pm、深夜受付の宅配便開始
  4. 消費支出2月は1.6%の減少
2003年3月27日号
  1. 三菱自動車、独ダイムラーと中国市場で共同出店
  2. 西友、産業再生法申請で改革を加速
  3. アイワイバンク銀行、郵便貯金とATM提携
  4. さくらや、オリジナルPC「新宿パソコン」を発売
  5. 百貨店、チェーンストア売上高、改善するも2月も前年割れ
2003年3月21日号
  1. キユーピー、マヨネーズでもトレーサビリティ導入
  2. ヤマト運輸、郵便より安いメール便
  3. 月例経済報告、8ヶ月ぶりに基調判断を上方修正
2003年3月13日号
  1. NTT、ブロードバンドサービス事業統合へ
  2. 東芝、事業再編推進、白物家電事業は分社化
  3. ユニクロ、英国店舗網縮小
  4. 一致指数、3ヶ月ぶりに50%上回る
2003年3月6日号
  1. ソニー、次世代光ディスクを発売
  2. am/pm、宅配便・郵便物の預かりサービスを開始
  3. ダイエー、マルエツとの連携強化を軸に3年ぶりに新規出店
  4. 消費支出1月は2.0%の減少
2003年2月28日号
  1. エルピーダメモリにインテルが資金支援
  2. 東芝、初のネット家電規格統一製品を発売
  3. 百貨店、チェーンストア売上高、1月も前年割れ
2003年2月21日号
  1. トヨタ、ブランドとチャネルを再構築
  2. ウォルマート、米国製品を海外に積極供給
  3. ユニクロ、社内大学を開校
  4. 月例経済報告、基調判断据え置き、個人消費は2ヶ月連続の下方修正
2003年2月13日号
  1. キヤノン、低価格品の製造を国内生産へ
  2. 百貨店、チェーンストアの2002年売上高、6年連続でマイナス
  3. 一致指数、2ヶ月連続で50%下回る
2003年2月6日号
  1. 日本テレコム売却交渉中
  2. そごうと西武、2003年上期に経営統合
  3. 消費支出12月は3.5%の減少、2002年計では0.2%減で5年連続の減少
2003年1月30日号
  1. 東電・関電系通信が光IP電話に参入
  2. ソニー・パイオニア・シャープ・ケンウッドが音楽ネット配信で共同新規格
  3. スーパー各社、食品の安全性対策を強化
  4. 百貨店、チェーンストア売上高、12月も前年割れ
2003年1月23日号
  1. NTTドコモ、第三世代携帯開発費を半額負担
  2. IYバンク、地方銀行との提携拡大
  3. 月例経済報告、3ヶ月連続で基調判断を下方修正
2003年1月16日号
  1. NTT、NTTブランドのパソコンを販売開始
  2. 世界の自動車メーカー、燃料電池車の基幹技術を共同開発
  3. ダイエー、ヤマダ電機との提携を解除
  4. 一致指数、10ヶ月ぶりに50%下回る
2003年1月9日号
  1. コニカとミノルタが経営統合
  2. 世界の流通大手、中国進出本格化
  3. 消費支出3.4%の減少
ページトップへ


  Copyright (C) 2000 - 2014 JMR Lifestyle Research Institute. All rights reserved.

JMR生活総合研究所サービストップへ