週刊ビジネスガイド
(2007年)


企業の動向、景気の変動、ホットな情報を独自の視点で毎週おとどけしています。

[他の年へ >> 2014年  2013年  2012年  2011年  2010年  2009年  2008年  2007年   
2006年  2005年  2004年  2003年  2002年  2001年  2000年 ]
2007年
2007年12月20日号
  1. モバイル通信業界、規制緩和と回線開放により競争時代へ
  2. 12月の月例経済報告 − 景気は「一部に弱さがみられるものの、回復している」
2007年12月13日号
  1. 11月のビール系飲料出荷は微減、値上げ踏み切りで販促費も抑制へ
2007年11月29日号
  1. 11月の月例経済報告−「このところ一部に弱さがみられるものの、回復している」
2007年11月15日号
  1. モスバーガーが中間赤字。禁断のクーポン割引の代償
  2. NTTの中間決算。ドコモ不振で営業利益2割減
2007年10月25日号
  1. ウォルマートが西友を完全子会社化へ。6期連続最終赤字確定で、抜本改革
  2. 10月の月例経済報告−生産を上方修正し、個人消費と住宅建設を下方修正
2007年10月18日号
  1. ファーストリテイリング、国内ユニクロ不振で2期ぶりに営業減益
  2. ドトールの新業態「バリッシモ」、有楽町の「イトシア」に初出店
2007年10月11日号
  1. ソフトバンクモバイル、価格攻勢により半期で初の首位を獲得
  2. 企業ポイントシステム、急速に現金化の流れへ進むか
2007年10月4日号
  1. マクドナルドが「総合研究所」新設で、新価値創造を目指す
  2. 阪急百貨店と阪神百貨店が経営統合。「エイチ・ツー・オーリテイリング」発足
2007年9月27日号
  1. 家電量販店の再編進む。ヤマダがキムヤラ買収、ビックとベストが資本・業務提携
  2. シャープがパイオニアの筆頭株主に。家電業界の再編に進むか
2007年9月20日号
  1. 東芝が銀座ビルを売却し、ソニーの先端半導体「セル」製造を買収する
  2. 9月の月例経済報告−設備投資を下方修正するも、基調判断は据え置き
2007年9月13日号
  1. ひとり負け続くドコモ、地域販社統合で販売戦略テコ入れ
  2. 8月のビール系飲料、5年ぶり高水準も低価格の新商品依存
2007年9月7日号
  1. トヨタ自動車、2009年に業界初の年間販売台数1,000万台企業へ
  2. ファーストリテイリング、2007年8月期は下期減速で事業整理へ
2007年8月30日号
  1. マクドナルドの新業態「マックカフェ」オープン
  2. 薄型テレビの秋の陣、国内3強が新製品を発表
2007年8月24日号
  1. 三越と伊勢丹が経営統合を正式発表
2007年8月16日号
  1. 三洋電機が携帯電話事業を売却へ。黒字確保へ「選択と集中」進める
  2. 西友、6期連続当期赤字の見通し。ウォルマートは「撤退せず」
2007年8月9日号
  1. 日本マクドナルドの業績回復が鮮明に。2007年6月中間決算
  2. 8月の月例経済報告 − 基調判断は9ヶ月連続で据え置き
2007年8月2日号
  1. シャープ「21世紀型コンビナート」、液晶と太陽電池の量産基地へ
  2. NTTドコモ、独り負けが続き大幅減益
2007年7月26日号
  1. ビクターとケンウッドが経営統合、松下はグループ再編最終段階へ
  2. 三越と伊勢丹が資本提携交渉へ。業界首位の百貨店誕生か
2007年7月19日号
  1. ヤマダ電機 vs ビックカメラ開戦、首都圏家電市場は再編へ
  2. 7月の月例経済報告−基調判断は8ヶ月連続で据え置き
2007年7月13日
      特別号
  ヤマダ電機「東京決戦」に突入
2007年7月12日号
  1. 2007年上半期のビール市場、アサヒがキリンを抑えて首位
  2. イオンがマルエツと正式に業務提携。セブンとの首都圏食市場争奪戦へ
2007年7月5日号
  1. カネボウ120年目の終幕。クラシエで再出発
  2. ビール2強、食品分野との連携を強める
2007年6月28日号
  1. ソフトバンク、設備投資増で成長の布石。WiMAXの免許取得も
  2. 任天堂の株式時価総額がソニーを抜く
2007年6月21日号
  1. 日産自動車の株主総会、7年ぶりの営業減益でカリスマ・ゴーン社長に逆風
  2. 6月の月例経済報告−「生産の一部に弱さがみられるものの回復」を2ヶ月連続で据え置き
2007年6月14日号
  1. 日本マクドナルドが地域別価格を導入へ。外食業界の一律価格は変わるのか
  2. セブン&アイが赤ちゃん本舗を買収。ショッピングセンター事業でイオン追撃へ
2007年6月7日号
  1. 米アップルがiPodの携帯電話「iPhone」を米国発売
  2. ユニクロの5月既存店売上高、5ヶ月ぶりにマイナス
2007年5月31日号
  1. 3期連続当期赤字の日本ビクター、再建策は未だ固まらず
  2. トヨタが中国での生産能力でホンダ抜き、日系メーカートップへ
2007年5月24日号
  1. シャープが第10世代の液晶新工場建設へ
  2. イオン vs セブン&アイ、PB商品展開で収益拡大競う
2007年5月17日号
  1. ソニーの2007年3月決算、ふた桁増収もゲーム不振で大幅な営業利益減
  2. 日立製作所の2007年3月期決算、売上高過去最高も当期赤字に転落
2007年5月10日号
  1. トヨタ自動車の2007年3月期決算、営業利益2兆円超え
  2. 伊勢丹の2007年3月期決算、売上高・営業利益とも過去最高更新
2007年4月26日号
  1. トヨタ自動車が世界販売台数首位へ。日産自動車は8年ぶりのリストラ
  2. KDDI の07年3月期決算、売上高と営業利益がともに過去最高を更新
2007年4月19日号
  1. 牛丼復活の「吉野家」、3期ぶりに最終黒字
  2. イオンと伊勢丹が北京出店
2007年4月12日号
  1. 07年第1四半期のビール系飲料シェア、キリンが首位に返り咲き
  2. 06年度の携帯電話の契約数純増数、auが4年連続首位
  3. 吉野家、牛丼の販売時間延長で復活の兆し
2007年4月5日号
  1. 13年ぶりの携帯新規参入、イー・モバイルがサービス開始
  2. 広がる流通企業系のバーチャルマネー化を読む
2007年3月29日号
  1. 三洋電機、創業家トップ辞任で経営再建は仕切り直し
  2. 阪急阪神ホールディングスの中期経営計画、伊勢丹は東急百貨店と提携発表
  3. 百貨店は2ヶ月連続プラス、チェーンストアは14ヶ月連続マイナス(2月の販売概況)
2007年3月22日号
  1. 情報家電機器メーカー決算の明暗 − 東芝、日立製作所、富士通、三洋電機
  2. 百貨店業界の再編加速 − 大丸・松坂屋に続き、伊勢丹、阪急・阪神百貨店も動く
  3. 1月の景気動向指数 − 一致指数は下方修正で10ヶ月ぶりに50%を下回る
2007年3月15日号
  1. ペコちゃん(不二家)、キョロちゃん(森永製菓)振り、スージーちゃん(山崎製パン)選ぶ
  2. 大手流通業の再編 − 大丸と松坂屋が経営統合、イオンはダイエーと業務提携
  3. 3月の月例経済報告 − 「消費に弱さも回復」4ヶ月据え置き
2007年3月8日号
  1. 総合スーパー最大手イオン、7期連続過去最高収益を達成
  2. 携帯電話の春商戦。KDDI 独走もドコモに巻き返しの兆し
2007年3月2日号
  1. ローソンが九九プラスと業務・資本提携。生鮮コンビニ事業の拡張図る
  2. 1月の勤労者世帯の消費支出、13ヶ月ぶりにプラスに転じる
  3. 百貨店は4ヶ月ぶりプラス、チェーンストアは13ヶ月連続マイナス(1月の販売概況)
2007年2月22日号
  1. イー・モバイルが定額制データ通信サービス開始
  2. 大丸と松坂屋が経営統合、売上規模業界トップの百貨店誕生へ
  3. 2月の月例経済報告 − 「消費に弱さも回復」3ヶ月据え置き
  4. 2006年12月の景気動向指数 − 一致指数は上方修正で3ヶ月連続50%を上回る
2007年2月15日号
  1. 迷走するソニー、液晶テレビシェア首位もゲームは戦略転換
  2. 需要喚起に乗り出したビールメーカーの呉越同舟「ビールデンウィーク」
  3. 経産省、巨大化する「ポイント」のルール化に動く
2007年2月8日号
  1. アサヒビールとカゴメが包括提携、胃袋攻略でタッグを組む
  2. 9ヶ月で純利益1兆円突破、突出した強さ維持するトヨタ自動車
2007年2月1日号
  1. 2007年薄型テレビの攻防−液晶陣営好調、プラズマは松下電器の孤軍奮闘
  2. 12月の勤労者世帯の消費支出、12ヶ月連続マイナス
2007年1月25日号
  1. 不二家問題を読む −「ペコちゃん」食品業界再編の波に呑まれるか?
  2. 1月の月例経済報告 −「消費に弱み」含むも、「回復」の基調判断を維持
  3. 百貨店は3ヶ月連続マイナス、チェーンストアは12ヶ月連続マイナス(12月の販売概況)
2007年1月18日号
  1. キヤノン、東芝と合弁解消してSED単独生産へ
  2. iPod好調で過去最高業績更新。アップル、噂の「iPhone」発売へ
  3. 11月の景気動向指数 − 一致指数は2ヶ月連続で50%を上回る
2007年1月11日号
  1. アサヒビールが年間首位を死守も、攻勢キリンビールは「定番ビール」発売へ
  2. 「DS」「Wii」が好調な任天堂、2006年度決算予想を大幅上方修正
  3. 11月の勤労者世帯の消費支出、11ヶ月連続マイナス
ページトップへ


  Copyright (C) 2000 - 2014 JMR Lifestyle Research Institute. All rights reserved.

JMR生活総合研究所サービストップへ