戦略ケース
American Express Company
データベースを活用したスイッチボード戦略
アメックスカードで有名なアメリカン・エキスプレスは世界最大の旅行会社であり、なおかつ世界的な金融サービス会社である。
1980年代には「総合金融サービス業」の旗印を掲げ、売上を伸ばしたものの、90年代初頭にはカードの事業低迷により苦境に陥った同社は、顧客サービスの全面的な見直しを行い、業績を好転させた。
アメリカン・エキスプレスの政策から、国内企業が学ぶべき点を検討する。

リンクをクリックすると、本文をご覧いただけます。
https://contents.nifty.com/member/service/JMR2/case/honbun/1999/amex_1.html

HOMEへ