戦略ケース
ブーツ・エムシー株式会社
忍びよる外資系小売業の足音〜ブーツがもたらす化粧品、トイレタリー流通の変革
1998年9月にイギリスのドラッグストア最大手、ブーツ・カンパニーPLCは三菱商事と合弁会社「ブーツ・エムシー」を設立し、これにより国内のドラッグストア市場に参入した。
ブーツの日本進出のケースから、外資系小売業の求めるものと国内メーカー、卸売業の対応策を提示する。

リンクをクリックすると、本文をご覧いただけます。
https://contents.nifty.com/member/service/JMR2/case/honbun/1999/boot_1.html

HOMEへ