戦略ケース
日本マクドナルド株式会社
外食マーケット5%奪取に向けたエリア戦略
 長引く消費低迷により、業績悪化に苦しむ外食産業の中で、トップの日本マクドナルドは競合の追随を許さない高成長を続けている。その強さの秘密は着目すべきは「エリア戦略」にある。「2010年・総店舗数10,000店・売上1兆円」という新たな出店目標を掲げるマクドナルドの事例をみる。

リンクをクリックすると、本文をご覧いただけます。
https://contents.nifty.com/member/service/JMR2/case/honbun/1999/mac_1_2.html

HOMEへ