戦略ケース
株式会社マツダ
フォード流キャッシュフロー経営で復活したマツダ
 フォード流の経営再建によって収益構造を大きく変え、利益を出せる体質に生まれ変わったマツダを取り上げる。
 世界的な業界再編の流れの中で、欧米大企業との提携あるいは傘下に収まることで生き残りを模索するか。右肩上がりの成長が望めない中でいかに利益の出る体質を作り上げるか。今後多くの企業が直面するであろう試練を体験し、世界標準の経営を受け入れたマツダの復活のヒストリーは生きた教科書ともいえるものだ。

リンクをクリックすると、本文をご覧いただけます。
https://contents.nifty.com/member/service/JMR2/case/honbun/1999/matuda_1.html

HOMEへ