戦略ケース
メリルリンチ日本証券株式会社
メリルリンチ日本証券の挑戦〜眠る1,200兆円を掘り起こす顧客プロファイリングマーケティング
世界最大の証券会社、メリルリンチは、97年10月東証の株式売買(出来高)シェアで、外資系証券として初めて日本の大手証券を抜いてトップにたった。
日本の証券会社とは一線を画すメリルリンチの営業手法からマーケティングのヒントを探る。

リンクをクリックすると、本文をご覧いただけます。
https://contents.nifty.com/member/service/JMR2/case/honbun/1999/meril_1.html

HOMEへ