戦略ケース
株式会社ナカノス
食品市場適応のカンパニー制度導入
外食産業の熾烈な食需要獲得競争の真っ只中にあって、直接的な顧客である外食関連企業の競争力を支える中埜酢店(ミツカン)の外食産業への対応事例を取り上げる。
同社は1998年12月に「分社型カンパニー制」を導入、「株式会社ナカノス」を設立させた。
「業務用市場の頼れるソリューションカンパニー」を目指すナカノスの事例をみる。

リンクをクリックすると、本文をご覧いただけます。
https://contents.nifty.com/member/service/JMR2/case/honbun/1999/nakanosu_1.html

HOMEへ