戦略ケース
オリジン東秀株式会社
“CVS中食”キラーの局地戦略
24時間営業の弁当、惣菜店である「オリジン弁当」のオリジン東秀が業績を伸ばしている。97年から98年にかけて売上で122%、経常利益で167%増である。同社の出店戦略は一都三県に集中し、売れているCVSと駅の間に出店するというものである。
外食業界の注目企業、オリジン東秀の事例をみる。

リンクをクリックすると、本文をご覧いただけます。
https://contents.nifty.com/member/service/JMR2/case/honbun/1999/origin_1.html

HOMEへ