戦略ケース
トヨタ自動車株式会社
新顧客アクセス開発による流通改革への挑戦
 低迷を続ける自動車市場のなかで、トヨタは実売台数こそ低迷しているものの、シェアを回復基調にのせた。この回復は直接的には新型リッターカー「ヴィッツ」の販売好調があるが、いくつかの新しい試みの成果が出ていると考えられる。トヨタの新しい顧客アプローチと流通改革の事例。

リンクをクリックすると、本文をご覧いただけます。
https://contents.nifty.com/member/service/JMR2/case/honbun/1999/toyota_4.html

HOMEへ