戦略ケース
ブロードバンド・インパクト 〜超高速革命は未来に何をもたらすか
第2回 「ガリバーNTTを脅かす日本のブロードバンド革命 〜通信インフラを巡る攻防」
 日本のブロードバンド革命の基本インフラは政府が主導する光ファイバー網であることは間違いないが、NTTの光ファイバー網の全国敷設完了は2010年。まずは、2005年「超高速IT大国」実現に向けて、DSL、CATVなど多様な通信インフラがネット接続のスタンダードを目指した競争が展開されていく。
 また上記の技術が家庭用のインフラとして普及する一方、日本の場合、パーソナルユースである「携帯ブロードバンド」が急速に進んでいくと思われる。現在、日本のブロードバンド革命の主導権を握るべく、多様な通信インフラを巡る攻防が繰り広げられている。

リンクをクリックすると、本文をご覧いただけます。
https://contents.nifty.com/member/service/JMR2/case/honbun/2000/bb_2.html

HOMEへ