戦略ケース
Kマート
eリテイルで先駆ける「スティッキーブリッグス戦略」
 Kマートは米総合DSチェーンで業界第二位の企業である。同社は総合DSの元祖として長らくトップの座にあったが、1980年代後半から業績不振に陥り1990年にウォルマートに首位の座を奪われた。その後不採算事業の整理、店舗のスクラップ&ビルドを進め、店舗数を半分に削減した同社の実績は1997年にようやく黒字化した。ヤフーと提携し、eリテイルでの進攻を目指す同社の戦略をみる。

リンクをクリックすると、本文をご覧いただけます。
https://contents.nifty.com/member/service/JMR2/case/honbun/2000/k-mart_1.html

HOMEへ