戦略ケース
ピーポッド、ウェブバン
第3世代へ進展した米国オンライン・スーパー
米国、欧州でオンライン・スーパーが活況を呈している。米国では2003年にスーパー業界全体の10〜20%がオンライン化し、200万世帯が利用する、2007年の市場規模は最大850億ドル(約9.7兆円)に達する等の予測がされ、業界競争が激化している。一方、欧州でも2000年のオンラインショッピング市場規模は7億5,300ポンド(約1,450億円)に上っている。特に、ドイツ、英国がこれを牽引している。拡大するオンライン・スーパーの現状と、日本における可能性をさぐる。

リンクをクリックすると、本文をご覧いただけます。
https://contents.nifty.com/member/service/JMR2/case/honbun/2000/online_1.html

HOMEへ