戦略ケース
ブロードバンド時代に有線がNTTを超える
−総合ポータル企業へ脱皮を図る有線ブロードネットワークス
大阪有線放送を前身とする有線ブロードネットワークスは、NTTに先行して、2000年10月から東京世田谷で光ファイバーによるブロードバンドサービスの実験を行っている。NTTにはない、コンテンツ・サービスの充実に支えられた、インフラとサービスの総合性、一貫性を武器にブロードバンド時代のリーダーを目指す同社の戦略をみる。

リンクをクリックすると、本文をご覧いただけます。
https://contents.nifty.com/member/service/JMR2/case/honbun/2000/usen_1.html

HOMEへ