戦略ケース
ヤフー
検索サイトの生き残り」は可能か
2000年の年明け早々、ビッグニュースが飛び込んできた。インターネット検索サービスのヤフー・ジャパン(額面5万円)が、国内の上場・店頭株として初めて、1億円の大台に乗せたというのだ(1月19日)。その後、2月末を境に下がったとはいえ、なお現在4800なぜ、こんなにヤフーがもてはやされたのか。ヤフーの歴史を追いながらその強さを明らかにし、検索サイトヤフーの未来を予測する。

リンクをクリックすると、本文をご覧いただけます。
https://contents.nifty.com/member/service/JMR2/case/honbun/2000/yahoo_1.html

HOMEへ