戦略ケース
アジアの流通再編
カルフールが席巻するアジアの流通再編
アジア各国で欧米小売業主導の流通近代化、企業の再編が進んでいる。アジア経済危機以降、現地小売業の地盤沈下、景気回復のための外資直接投資の自由化が進み、外資小売業の事業展開が各国で本格化した。99年以降の急速な景気回復に対応し、現地資本の小売業が積極的な出店戦略を取れない状況にある中で、外資小売業が積極的な出店を進めた結果である。中でも注目できる企業はカルフールで、既に台湾小売業のNo.1、韓国のディスカウントストア業態のNo.2の地位を占めるに至っている。
この論文では韓国、台湾、タイ、マレーシアについて、各国の外資参入状況を整理し、外資小売業の成功条件を明らかにする。

リンクをクリックすると、本文をご覧いただけます。
https://contents.nifty.com/member/service/JMR2/case/honbun/2001/asia_1.html

HOMEへ