戦略ケース
Carrefour
カルフールは日本で成功するか
2000年12月8日、ついにフランスの大手組織小売業「カルフール」が、幕張に約3万平方メートルにも及ぶ巨大な店舗をオープンさせた。この世界第2位の小売業の日本上陸は、日本の流通業にとって、「20世紀最後の黒船」となるのか、それとも厳しい結果に終わるのか。同社の軌跡と戦略の分析から、その成功の可能性を展望する。

リンクをクリックすると、本文をご覧いただけます。
https://contents.nifty.com/member/service/JMR2/case/honbun/2001/carrefour_1.html

HOMEへ