戦略ケース
百貨店の明暗を分けるブランド消費
−百貨店の復活は本物か?−
「3ヶ月連続で売上高プラス。」9月14日に日本百貨店協会は、2001年8月の東京地区百貨店(13社28店)の売上状況を発表した。店舗調整後の売上高対前年同月比は+2.1%で、6〜8月3ヶ月連続でプラスとなった。新聞や雑誌でもこうした状況を捉え、「都心百貨店の復活」が頻繁に特集されている。また、百貨店の復活を書いた本も数多く出版されている。
都心百貨店が復活したポイントは一体何であろうか。このケースでは、東京地区の百貨店に着目してこの点についてみてみる。

リンクをクリックすると、本文をご覧いただけます。
https://contents.nifty.com/member/service/JMR2/case/honbun/2001/depart_1.html

HOMEへ