戦略ケース
ブロードバンド・ウォーズ 高速インフラを巡る攻防
今年に入ってブロードバンドが現実のものとして身近に捉えられるようになってきた。ADSLやCATVがサービスを拡充するなど常時・高速接続を可能にするインフラが整備されつつある。特に加入者の増加が著しいのがADSLだ。
ADSLが本格的な普及段階に入る一方、光ファイバーを家庭まで延ばすFTTHサービスが一部エリアでスタートした。「究極のサービス」として期待を集めるFTTHは、最大速度10〜100Mbpsの超高速インターネットを実現し、将来的にはインターネット接続のスタンダードになると予測されている。
光ファイバーとADSLの両インフラとプレイヤー間の熾烈な攻防からブロードバンドを巡る実像を明らかにする。

リンクをクリックすると、本文をご覧いただけます。
https://contents.nifty.com/member/service/JMR2/case/honbun/2001/ftth_1.html

HOMEへ