戦略ケース
銀座化粧品競争
銀座化粧品競争を制したのはルイ・ヴィトン・モエ・ヘネシーグループ(LVMH)―カネボウ2位、資生堂3位 〜スポットエリアでの競争戦略〜
1999年、銀座にドラッグストアのマツモトキヨシ、イギリスのドラッグストアであるブーツ、そして、フランスの化粧品専門店セフォラが相次いでオープンし、マスコミは銀座化粧品戦争の勃発とこぞって騒ぎ立てた。それから2年が経過した現在、銀座化粧品戦争の勝者は一体どこなのか、メーカーは銀座化粧品戦争のなかでどんな戦略を展開しているのか、そして、銀座のケースからエリアスポットでの競争戦略はどのようなものなのか、考えてみたい。

リンクをクリックすると、本文をご覧いただけます。
https://contents.nifty.com/member/service/JMR2/case/honbun/2001/ginza_1.html

HOMEへ