戦略ケース
スターバックス コーヒー ジャパン
スターバックスの成長戦略 〜都心小商圏への集中出店戦略〜
スターバックスは現在米国で約3700店舗、米国以外の世界23カ国で約1000店舗を展開しているアメリカ最大のコーヒーチェーンである。スターバックスが日本市場に参入したのは96年。サザビーとの合弁会社「スターバックス コーヒー ジャパン」を設立し、サザビーの小売業としてのブランド管理・店舗戦略などを援用しながら、着実に日本市場に浸透してきた。
97年3月期の決算では売上は3億6千万円。4年後の2001年3月期には291億円まで伸ばしており、成長は留まるところを知らない。
このスターバックスの急成長を支えるのが、都心小商圏への集中的な出店戦略である。

リンクをクリックすると、本文をご覧いただけます。
https://contents.nifty.com/member/service/JMR2/case/honbun/2001/starbucks_1.html

HOMEへ