戦略ケース
株式会社ワールド
SPAを制するものはアパレル業界を制す!! ワールドのあくなき挑戦
アパレル大手のワールドは、1992年、製造、卸に加えて小売の機能をもつSPAのビジネスモデルを導入した。以降、卸部門が低迷するなかで、SPA部門は高い成長率をあげ、1999年は全社売上の66割以上を占めるに至った。
「コンビニのビジネスモデルが理想」とするワールドのSPA事業の成功の鍵をみる。

リンクをクリックすると、本文をご覧いただけます。
https://contents.nifty.com/member/service/JMR2/case/honbun/2001/world_2.html

HOMEへ