戦略ケース
チャイナインパクト!
ホンダ、スズキ 国内バイクメーカーの逆襲
これまで世界市場を席巻してきた日本の二輪メーカーが、海外で中国メーカーの攻勢を受けている。お膝元の日本市場の規模がピーク時の1/4にまで縮小するなか、収益源であったアジア市場で低価格を武器にした中国製二輪車にシェアを奪われ、事業基盤が揺らいでいる。日系二輪メーカーは今後も競争力を維持していくことができるのか、各社の取り組みを整理する。

リンクをクリックすると、本文をご覧いただけます。
https://contents.nifty.com/member/service/JMR2/case/honbun/2002/china-impact_1.html

HOMEへ