戦略ケース
中国家電VS日本家電
〜日本企業は中国企業に勝てるのか〜
2001年11月、中国はWTO加盟で国際市場に正式な名乗りを上げた。13億人という巨大市場、「世界の工場」とよばれる圧倒的な生産規模とその成長性を前に、「中国脅威論」が叫ばれている。本稿では、中国で最も成長が著しい家電業界を例にとり、その実態を整理するとともに日本企業の勝ち残りの方向性を探る。

リンクをクリックすると、本文をご覧いただけます。
https://contents.nifty.com/member/service/JMR2/case/honbun/2002/china_1.html

HOMEへ