戦略ケース
ファイナルファンタジーXI
オンラインゲームが実現する新たな可能性
去る2002年5月16日、株式会社スクウェアはプレイステーション2専用ソフトとして、シリーズ初のオンラインゲーム「ファイナルファンタジーXI」を発売した。ファイナルファンタジーシリーズといえば、株式会社エニックスのドラゴンクエストシリーズと並び、国内ゲーム市場を牽引してきたキラーソフトである。
オンラインゲームでは多くのプレイヤーが同時に参加し、お互い協力しながら冒険を進めていくことになる。あらかじめ用意されたストーリーを堪能するというよりも、プレイヤー同士の連携によってストーリーが形成されていく。また、冒険をする目的も各プレイヤーによってさまざまに異なる。したがって、これまでのファイナルファンタジーシリーズと比べると、この「ファイナルファンタジーXI」はまったく異色のゲームであると言っても過言ではない。この「ファイナルファンタジーXI」の発売は日本のゲーム市場にとってどのような意味を持つのであろうか。日本特有のゲーム市場構造とブロードバンド化の拡大という観点から、「ファイナルファンタジーXI」がもたらす影響について以下で考察を進めていく。まずは、オンラインゲームというものが、これまでどのような環境で普及し、どのような経緯で発展してきたのかについて触れることにする。
【 構 成 】
序論
1.オンラインゲームの普及-韓国における展開
2.ファイナルファンタジーXIの概要(体験記)
  (1)プレイ開始〜ヴァナ・ディールへ降り立つ!!
  (2)初めてのパーティープレイ!!
  (3)終わりのない冒険の旅へ!!
3.スクウェアのオンラインゲームの戦略
  (1)「ファイナルファンタジーXI」の現時点での評価
  (2)各プラットフォームのオンラインゲーム動向

リンクをクリックすると、本文をご覧いただけます。
https://contents.nifty.com/member/service/JMR2/case/honbun/2002/ff11_1_2.html

HOMEへ