戦略ケース
株式会社ヤオコー
株式会社ヨークベニマル
ヨークベニマル、ヤオコー 新たな食品需要を創り出した小売業の挑戦
消費低迷が言われてすでに久しい。グローバルにデフレ圧力が高まっていることも間違いない。しかし、そんななかでも好調を維持している企業は数多い。それら好調企業に着目し、『デフレ圧力に抗するマーケティング』の成功事例として全3回の連載形式でお届けする。 第一弾として、10年前の消費水準を上回って推移している食料品に着目し、その販売サイドの主役であるスーパーマーケット(SM)企業を取り上げる。

伸びる業種・業界はなく、伸びている企業と沈む企業があるだけと言われている昨今だが、2002年度の流通各社の中間決算、最近発表されている期末決算を見る限りでは、SMの好調さが目を引く。 今回は、これらSM企業の中から、地域密着型成功企業の典型として取り上げられることも多いヨークベニマルとヤオコーをとりあげ、好調の要因を分析する。

リンクをクリックすると、本文をご覧いただけます。
https://contents.nifty.com/member/service/JMR2/case/honbun/2003/defl_1.html

HOMEへ