戦略ケース
トヨタ自動車株式会社
日産自動車株式会社
トヨタ自動車vs. 日産自動車 世界のトヨタ、V字復活の日産。グローバル再編に向けた持続成長の鍵は何か
トヨタ自動車(以下、トヨタ)が2003年度上半期(4−9月)の全世界の販売台数で米フォード・モーターを抜き世界2位となった。米メディアでもトヨタの評価が高まっており、2010年には首位のゼネラル・モーターズと並ぶ最大手になると予想されている。
一方、国内では3位の日産自動車(以下、日産)も90年代後半の業績不振から復活を遂げ、更なる成長路線が注目されている。企業規模では2倍以上の差がある(2002年度連結売上高−トヨタ16兆円/日産7兆円)両社であるが、ともに世界の自動車業界再編の鍵を握ると予想されている。
本稿では、日本の産業をリードする自動車業界の雄、好調トヨタと復活日産について、各社の強みと弱み、今後の持続的成長に向けた展開方向について考察していく。

リンクをクリックすると、本文をご覧いただけます。
https://contents.nifty.com/member/service/JMR2/case/honbun/2003/toyota_6.html
HOMEへ