戦略ケース
エスビー食品株式会社
ハウス食品株式会社
株式会社ミツカングループ本社
家庭用スパイス市場を巡る攻防 −エスビー・ハウス・ミツカン
2005年春、家庭用スパイス市場で新たな戦いの火蓋が切って落とされた。メーカー出荷額で、430億円前後(チューブ入り含む)の市場を巡り、エスビー食品、ハウス食品、ミツカンの3社が土俵に上がった。これまでシェア50%台で不動のトップを走ってきたエスビー食品に、ハウス食品とミツカンが各々、挑戦状を突きつけ、新たな競争が生まれている。
食が、家庭内食から外食へ、さらに中食へと分解し、自分で手作りする家庭内食の比重が低下するに伴い、様々な基礎調味料は市場が逓減している。こうした中、小幅ながらも伸長する数少ないカテゴリーであるスパイス市場を各社はどのように制しようとしているのか。トップメーカーとチャレンジャー各社の戦略を検証していく。

リンクをクリックすると、本文をご覧いただけます。
https://contents.nifty.com/member/service/JMR2/case/honbun/2005/spice_1.html

HOMEへ