戦略ケース
株式会社ヤマダ電機
ヤマダ電機の売上高1兆円の衝撃 −家電流通市場の寡占化
今春、ヤマダ電機(群馬県前橋市、以後ヤマダ)が専門店としてはじめて売上1兆円を超えることになった。家電流通市場が8兆円前後であることを考えれば、1社で実に1割強のシェアである。10年以上前にはその1割にも満たなかった。確かに、薄型テレビやDVD等の情報家電が好調な市場ではあるが、それは他の企業も同じ条件である。何故にヤマダが急成長を遂げたのか、そしてその背景には何があるのだろうか。
本小論では、家電流通市場、特にヤマダを中心に、市場の寡占化が進行していること、寡占化によるメーカーの弊害について言及し、日本における寡占化市場の到来について論じていく。

リンクをクリックすると、本文をご覧いただけます。
https://contents.nifty.com/member/service/JMR2/case/honbun/2005/yamada_1.html

HOMEへ