戦略ケース
チャイナインパクト!
世界ビールメーカーが中国市場で覇権争い
日本国内のビール系飲料は97年から漸減傾向である。一方、中国のビール生産量・消費量は、03年に米国を抜き世界第1位となり、その後も拡大している。さらに、1人当たり年間消費量(05年)24.4リットルは、日本人の5割程度に過ぎず、今後の拡大余地も見込まれる。13億人(酒類販売が法律で認められる18歳以上は約9億人)の巨大で豊潤な市場を巡り、世界のビールメーカーが覇権争いを繰り広げている。
※本稿は2007年4月に執筆したものです。

リンクをクリックすると、本文をご覧いただけます。
https://contents.nifty.com/member/service/JMR2/case/honbun/2007/beer2007_02.html

HOMEへ