戦略ケース
花王株式会社
P&G (Procter & Gamble)
「花王」 × 「P&G」 取引条件透明化で値下げ圧力克服
洗剤、シャンプー、おむつなど日用品・トイレタリー製品の国内市場規模は2006年度で約1兆5,000億円、前年比0.6%増と大きな成長が期待できない成熟市場である(国際商業調べ)。また、市場を構成する48カテゴリーのうち36で、上位3社がシェア6割以上を占める寡占状況にある。
この成熟寡占市場において、花王は14の商品カテゴリーで1位と圧倒的な強さを誇る。一方、P&Gは3位内のカテゴリーは03年度の8から現在12と近年シェアを拡大している。躍進する世界企業のP&Gと迎え撃つ国内王者の花王。両雄の戦略を比較する。
※本稿は2007年5月に執筆したものです。

リンクをクリックすると、本文をご覧いただけます。
https://contents.nifty.com/member/service/JMR2/case/honbun/2007/economist05_hbc.html

HOMEへ