戦略ケース
イオン・ウエルシア・ストアーズ
株式会社マツモトキヨシ
「イオン・ウエルシア」 × 「マツモトキヨシ」 薬を売るには店員の知識か値段か
ドラッグストア業界再編の動きが活発化している。イオンとツルハ(北海道)が中核の「イオン・ウエルシア・ストアーズ(以下イオングループ)」とマツモトキヨシ(千葉県)が中核の「マツモトキヨシグループ(以下マツキヨグループ)」の二大勢力を中心に寡占化が進んでいる。現在の市場規模は約3兆円、シェアはイオングループが約23%、マツキヨグループが約20%である。
ドラッグストア業界では、各チェーンが急速に出店を進めたため店舗競争が激化した。その結果、出店しさえすれば利益が出るという時代は終わり、既存店売上高は伸び悩んでいる。今後の激化が予想されるチェーン間の戦いを、両グループはどう乗り切ろうとしているのか。
※本稿は2007年5月に執筆したものです。

リンクをクリックすると、本文をご覧いただけます。
https://contents.nifty.com/member/service/JMR2/case/honbun/2007/economist06_drg.html

HOMEへ