戦略ケース
日本マクドナルドホールディングス株式会社
株式会社ロッテリア
「日本マクドナルドホールディングス」×「ロッテリア」 バーガーキングでマックを崩せるか
日本マクドナルドが低価格戦略を展開した2000年以降、低迷が続いていたハンバーガー市場に最近、再び活気が戻りつつある。ハンバーガーチェーンの市場規模は約6,000億円。06年度の既存店売上は対前年比4%増、客数は1%増、客単価は3%増となった。売上高シェアは、マクドナルド約60%に対し、2位のモスフードサービスが約10%、3位のロッテリアが約6%と圧倒的な差がついている。
モスは高級志向の新業態「緑モス」の導入でマクドナルドと同じ価格帯での直接対決を避けるが、店舗転換はうまく進んでいない。そこで1980年代までマクドナルド追撃の先頭を走り、経営のテコ入れで復活を目指すロッテリアが対抗馬として注目される。

リンクをクリックすると、本文をご覧いただけます。
https://contents.nifty.com/member/service/JMR2/case/honbun/2007/economist16_ff.html

HOMEへ