戦略ケース
三井不動産株式会社
東京ミッドタウン 都会の先端層に目線を合わせ、六本木で新たな街づくりに挑戦
東京の一等地、旧防衛庁跡地の広大なスペースにつくられた東京ミッドタウンが、2007年3月30日にグランドオープンした。東京ミッドタウンは、オフィス、商業施設、賃貸住宅、ホテル、デザイン関連施設、医療センター、ホール&カンファレンスで構成される大型複合施設である。六本木の新たなランドマークとして注目を集めている。特に約130店舗ある商業施設は、今最もホットなスポットである。その商業施設の開発に携わった、三井不動産株式会社・東京ミッドタウン事業部の明石由紀子氏にお話をうかがった。

 【構成】
  街のブランドを形成する
  商業施設のターゲットは自立した大人「Lifestyle Artist」
  商業テナントの選択基準を定める
  的を絞ったブランド選び
  「食」へのこだわり
  テナントのトレンド力、シーズンプロモーションで鮮度を保つ
  六本木ヒルズとの相乗効果をうむ
  都心のトレンドは「食と趣味」へ


リンクをクリックすると、本文をご覧いただけます。
https://contents.nifty.com/member/service/JMR2/case/honbun/2007/itv01_midtown.html

HOMEへ