戦略ケース
ドラッグストア
改正薬事法で変わるドラッグストアの競争軸
ドラッグストアは多くの日本の小売業が業績低迷に苦しむなかで成長を続けてきた。業界統計をとりはじめた2000年度と対比すると、2007年度の店舗数で131%、売上高で187%の高成長を実現した。
そのなかで、2009年春に施行される改正薬事法という大きな転機が訪れようとしている。ポイントのひとつは、大衆薬をその成分がもつリスクの高さからA、B、Cの三つに区分していることであり、もうひとつは、この区分に応じて販売資格者が異なることである。
ここでは、改正薬事法が与えるインパクトとドラッグストア業界に起こる変化について考察していきたい。


リンクをクリックすると、本文をご覧いただけます。
https://contents.nifty.com/member/service/JMR2/case/honbun/2008/drug200804.html

HOMEへ