戦略ケース
伸びるローカル流通 第2部 4期連続増収チェーンの戦略の実際
 2-1. 顧客要望を基点に、個店裁量で仕入れ
これまでの組織小売業の定石のひとつに、本部主導による大量仕入れがある。ナショナルブランドの単品を大量に仕入れることにより、ボリュームディスカウントが可能になり、これを通じて低価格販売のための原資を得る。
しかし、4期連続増収チェーンでは、全く反対の「個店裁量による、地域性豊かな品揃え」が展開されている。今回は、フレスコキクチ(福島県)とハローデイ(福岡県)を事例として紹介する。そこには、企業都合ではなく、「お客様の要望を売り場に実現する」という仕入れの原点ともいえる取り組みが行われている。

※本稿は2010年7月に執筆したものです。

リンクをクリックすると、本文をご覧いただけます。
https://contents.nifty.com/member/service/JMR2/case/honbun/2011/dist2010-2-01.html

HOMEへ