戦略ケース
伸びるローカル流通 第2部 4期連続増収チェーンの戦略の実際
 2-2. 徹底した地場産品の仕入れ
4期連続増収チェーンでは、出店している各々の商圏に馴染みの深い地場の産品の仕入れを徹底して展開しているチェーンが存在する。
その土地の気候や風土が育てた食材を、その土地に住む人々の嗜好に合わせた加工方法や調理方法などで使用してもらい、その土地で消費する、地産地消の考え方が実践されている。全国どこにでも配荷されるナショナルブランドではなく、その土地の産品により売り場を差別化する取り組みである。

※本稿は2010年8月に執筆したものです。

リンクをクリックすると、本文をご覧いただけます。
https://contents.nifty.com/member/service/JMR2/case/honbun/2011/dist2010-2-02.html

HOMEへ