戦略ケース
アンファー株式会社
 『頭皮を洗う』で頭角あらわす「スカルプD」 〜ネットを使った新需要開拓マーケティングと今後の展開〜
成熟市場と言われていたヘアケア市場の中で、頭皮のケアをうたった商品が次々に登場している。商品アイテム数も増え、広告・宣伝などで見聞きする機会も増えており、成熟して縮小傾向にあるヘアケア市場の中にあっても、今後も引き続き伸びていく市場だと考えられている。
ここまでの薬用シャンプー市場拡大の牽引役となったのは、間違いなくアンファーだといえるだろう。代表ブランドである「薬用スカルプD」は、楽天市場の楽天年間ランキングで3年連続総合1位(2010年-2012年)を獲得しており、現在の頭皮ケアブームを代表するブランドとなっている。では、アンファーはどのようにして市場を開拓していったのか。その具体的な取組みをみていく。

※本稿は2013年7月に執筆したものです。

リンクをクリックすると、本文をご覧いただけます。
https://contents.nifty.com/member/service/JMR2/case/honbun/2013/angfa.html

HOMEへ