戦略ケース
コーヒーチェーン市場
勝者なきセルフ式コーヒーチェーン店の競争 〜多様化が進む消費者向けコーヒー市場では勝者なき戦いが繰り広げられている〜
喫茶店市場は1982年の1兆7,396億円をピークに年々減少を続けている。2011年では1兆182億円とピーク時から4割以上も減少、この間、業界内部の構造は大きく変貌した。
今、セルフ式コーヒーチェーン企業間で熾烈な生き残り競争が繰り広げられている。また、業界外から強大で、かつ多様な企業が参入し、市場の競争環境は一変している。
セルフ式コーヒーチェーン各社は多様化する消費者のニーズ一つ一つをどう取り込んでいけるのかが鍵である。獲得する小さなニーズを積み上げていきながら収益が取れるようにすることが重要であり、ロングテール型のビジネスが求められてくるのではないだろうか。

※本稿は2013年4月に執筆したものです。

リンクをクリックすると、本文をご覧いただけます。
https://contents.nifty.com/member/service/JMR2/case/honbun/2013/cafechain.html

HOMEへ