戦略ケース
レッドブル(Red Bull GmbH)
エナジードリンク市場 第二幕 〜レッドブルを追撃する国内メーカー〜
2000年代に国内に誕生したエナジードリンク市場は2013年時には約950万ケース(1ケース30本換算)が出荷される巨大な市場へと成長した。海外メーカーが先行してエナジードリンクを発売し市場を開拓してきた経緯もあり、2013年の国内市場シェアは首位の「レッドブル」が550万ケース、2位の「モンスターエナジー」が240万ケースと、上位2ブランドで市場の80%超を占める寡占市場である。しかし2010年以降は数多くの国内メーカーが特徴的な新商品を立て続けに発売しており、活気のある市場となっている。
進境著しいエナジードリンク市場だが、今後市場はどのような方向に進むのであろうか。そこには"競争の激化"と"限定的な市場"というふたつのキーワードが見えてくる。

※本稿は2014年5月に執筆したものです。

リンクをクリックすると、本文をご覧いただけます。
https://contents.nifty.com/member/service/JMR2/case/honbun/2014/energydrink.html

HOMEへ