戦略ケース
外食産業市場
風雲急を告げる外食業界 − 元気寿司、リンガーハット他 国内市場での胃袋争奪戦と海外進出
日本フードサービス協会会員社による外食産業市場動向調査の2013年暦年の年間売上高は全業態トータルで100.7%と2年連続で前年を上回った。
全体では回復基調にある外食産業だが、一方で業態格差という懸念材料もある。今後は頭打ちにある「胃袋市場」を巡り、中食や内食とのボーダレスのシェア競争が激化することが確実視される。
国内の景気回復を背景に、好調な業態や企業は国内出店拡大を図りたいところだが、ここで人材不足という外食産業の構造的な問題が露呈する。現在、多くの外食チェーンは、人材開発に投資を始めている。
また、将来的な人口減少や少子高齢化を踏まえると成長には限度があり、現在多くの企業が海外進出を模索している。
国内外での拡大を目指し、外食企業の再編が進んでいる。

※本稿は2014年2月に執筆したものです。

リンクをクリックすると、本文をご覧いただけます。
https://contents.nifty.com/member/service/JMR2/case/honbun/2014/fb2014.html

HOMEへ