戦略ケース
キリンビール株式会社
ビール市場の競争に異変 キリンの反撃はあるか
ビール類市場ではキリンの独り負けが続いている。
2001年にトップの座をアサヒビールに奪われた同社は、その後巻き返し、2005年以降、1%をめぐるトップ争いを演じてきたが、ここ数年アサヒとの格差は拡がり、2012年以降は独り負け状態が続いている。とくに2014年上期はシェア33.1%と近年にない低シェア水準となった。
なぜ、キリンはシェアダウンが続いているのか、反撃はあるのか、考察したい。

※本稿は2014年10月に執筆したものです。

リンクをクリックすると、本文をご覧いただけます。
https://contents.nifty.com/member/service/JMR2/case/honbun/2014/kirin2014.html

HOMEへ