戦略ケース
ジレット
「レイザー&ブレードモデル」(ジレットモデル)による成長とP&Gによる再生
レイザー&ブレードモデルという安定したビジネスモデルをベースに、ジレットは使い捨て型の製品の大量生産大量販売の戦略を推進した。競合の増加から高付加価値の髭剃り製品へのシフトに成功したものの、その後の剃刀以外の市場への多角化では苦戦を強いられ、巨大流通企業の交渉力には押され、ジレットの利益は圧迫されていった。
ジレットは2005年10月にP&Gから吸収合併される。P&Gはこの合併によって、ユニリーバの売上を超えて世界最大の日用品メーカーとなった。これ以降、ジレットは利益を大きく成長させていく。合併によって "流通企業との交渉力"、"新興国の販売網"、"消費者視点"というメリットを享受したことに起因している。


※本稿は2015年4月に執筆したものです。

リンクをクリックすると、本文をご覧いただけます。
https://contents.nifty.com/member/service/JMR2/case/honbun/2015/gillette2015.html

HOMEへ