戦略ケース
株式会社西松屋チェーン
SPAモデルへの転換により更なる成長を図る西松屋チェーン
最新の統計では、1人の女性が生涯に産む子供の数の平均は、1.41人と依然低いままで少子化の勢いは止まらない。2兆円とされる子供服・用品の市場も縮小傾向にある。だが、そんな成熟市場で、西松屋チェーンは2013年度売上高1,277億円と19期連続増収になり、徹底したローコスト経営と低価格のベビー用品に絞り込んだ品揃えで業績を伸長させている。
西松屋チェーンの成功について、特徴的な要因を三つに整理してみる。


※本稿は2015年4月に執筆したものです。

リンクをクリックすると、本文をご覧いただけます。
https://contents.nifty.com/member/service/JMR2/case/honbun/2015/nishimatsuya2015.html

HOMEへ