戦略ケース
放送業界
変わる視聴率競争−放送業界のビジネスモデル転換
テレビ局を取り巻く経営環境が、厳しさを増している。放送局と一心同体で、蜜月の関係を築いてきた広告代理店が、放送業界を見限り始めているからだ。映像配信企業の台頭で、かつてのような放送電波の希少性は低下し、番組表に合わせて視聴者をテレビの前に集めることは難しくなった。また、テレビ離れや、視聴者の高齢化で、かつてのように視聴率が番組評価の指針にならなくなってきている。
構造変化が進む放送業界について、これからの展望と、放送局の生き残りの鍵を模索する。

※本稿は2016年7月に執筆したものです。

リンクをクリックすると、本文をご覧いただけます。
https://contents.nifty.com/member/service/JMR2/case/honbun/2016/broadcasting.html

HOMEへ