戦略ケース
不動産仲介
激増する空き家と求められる不動産仲介ビジネスの変革
全国で、人の住んでいない空き家が増えている。総務省の調査によると、全国の空き家は2013年時点で820万戸、国内総住宅数の13.5%に達する。人口減少、都市部への人口移動、相続問題の複雑化などから、その数は今後も増加すると予想されており、2040年には空き家率が40%超になるという試算もある。この問題の解消に向け、政府は様々な施策を打ち出す一方で、民間企業は空き家の増加をチャンスととらえ、売買や管理、民泊サービスなどを展開し、ビジネスの拡大を狙っている。

※本稿は2016年5月に執筆したものです。

リンクをクリックすると、本文をご覧いただけます。
https://contents.nifty.com/member/service/JMR2/case/honbun/2016/vacanthouse.html

HOMEへ