戦略ケース
クラフトビール
クラフトビールはさらなる成長エンジンを見つけられるのか
各自の好みが尊重される時代にあって、ビールの消費量は減少に歯止めがかからない。そんな「多様化の時代」に人気となっているのが、各地の小規模醸造所が作る、個性あふれるクラフトビールだ。
では、クラフトビールは右肩下がりのビール業界の救世主となりうるのだろうか。残念ながら、日本のクラフトビールはまだ大きなインパクトを与えられるボリュームにはなっていない。クラフトビール業界の構造を見ると、「拡大したくても拡大できない」状況が見えてくる。
業界活性化の起爆剤として注目されたクラフトビールブームは終焉し、ビール市場もこのまま縮小してしまうのだろうか。

※本稿は2017年6月に執筆したものです。

リンクをクリックすると、本文をご覧いただけます。
https://contents.nifty.com/member/service/JMR2/case/honbun/2017/craftbeer.html

HOMEへ