戦略ケース
シャープ株式会社
【ショートケース】 液晶戦争に衝撃与える「シャープ65型液晶テレビ」 −業界トップの大画面・ハイエンド機種により「ものづくり優位」をアピール
2004年10月5日、千葉市の幕張メッセで開幕した「CEATECJAPAN2004」で、シャープが世界最大となる65型液晶テレビを発表した。622万ドットのフルスペックハイビジョンパネルを採用し、三重県亀山市にある第6世代の亀山工場で一貫生産されたものである。この発表は、これまで同社で最大サイズであった45型を一気に20インチ拡大し、大型化が困難とされた液晶テレビ分野に新風を吹き込んだ点で、業界に大きな衝撃を与えた。
今回の発表から、シャープの液晶テレビ戦略における今後の課題と方向性を検討する。

リンクをクリックすると、本文をご覧いただけます。
https://contents.nifty.com/member/service/JMR2/case/short/2004/s10_sharp.html

HOMEへ