戦略ケース
ソニー株式会社
【ショートケース】 「テレビのソニー」復権の試金石、「QUALIA 005」 −ソニーが提供するブロードバンド時代の「経済価値」と「感動価値」
「CEATEC JAPAN2004」におけるソニーのブースで目立っていたのが、今年11月発売の地上/BS/110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ「QUALIA (クオリア)005」である。CEATECでは、特にその画質に焦点が当てられていた。CEATECでは通常の液晶テレビとQUALIAを実際に並べて比較するプレゼンテーションが行われていたが、その差は歴然としたものであった。
同社の取締役代表執行役員社長、安藤国威氏はCEATECにおいて、「『ブロードバンド・コンバージェンス』がもたらす新しいライフスタイル」と題した基調講演を行っている。安藤氏は、ソニーが考えるブロードバンド・コンバージェンスの価値はふたつ、「経済価値」と「感動価値」であるとした。

リンクをクリックすると、本文をご覧いただけます。
https://contents.nifty.com/member/service/JMR2/case/short/2004/s12_sony.html

HOMEへ